ニッケルめっき銅板とエポキシ接着剤の接合

 

目的

ニッケルめっき銅板にCB化合物を塗布し、エポキシ接着剤における接着強度向上効果を確認する

まとめ

(1)ニッケルメッキ銅板にCB化合物を塗布すると、エポキシ接着剤の接着強度を高めることができた。
(2)CB化合物によって接着強度向上効果が異なり、最も効果的な化合物では、接着強度が1.9倍になった。

 

1.処理条件

 表1 処理条件

 

2.せん断引張り試験結果

表2 せん断引張り試験結果(n = 3)

図2 ニッケルめっき銅板とエポキシ接着剤のCB化合物による接着強度

図3 ニッケルめっき銅板とエポキシ接着剤のCB化合物による接着強度の向上倍率

 

3.コメント

(1)表2と図2にニッケルメッキ銅板とエポキシ接着剤のCB化合物による接着強度を示した。
CB化合物のいずれも、CB化合物による処理をしない場合に比べて、強度は向上した。
すなわち、CB化合物による処理をしない未処理では、せん断引張り強度が15.3MPaであったのに対し、CB化合物①②では19MPa台、化合物③では28.7MPaと最も接着強度が高くなった。

(2)CB化合物の種類によって接着強度向上効果が異なり、図3に示したように、未処理の接着強度を1とすると、CB化合物①②では1.27~1.29倍にとどまったが、CB化合物③では1.88倍となり、3種類のCB化合物の中では、最も効果的であった。


貴社の基材をお預かりし、最適な処理条件を設計してサンプル(テストピース)を制作させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。


CB処理:お問い合わせ
CB処理:トップページ

お問い合わせ

お問合せ