CB処理:銅箔と酸変性ポリプロピレンフィルムの接合

1.試験材料

  銅箔: UACJ製圧延銅箔、厚さ18μm 
  フィルム: 酸変性PP

 

2.処理条件

 

 

3.試験結果

・CB技術を適用しないときの引き剥がし強さの最低値は0.06N/mmであり接合強度が極めて低い。
・銅箔のみにCB剤を塗工した場合の引き剥がし強さは、最低値で0.69N/mmまで向上した。
・銅箔と酸変性PPの両面にCB剤を塗工すると、引き剥がし強度が向上する。

4.まとめ

・酸変性PPフィルムのヒートプレス条件を設定した。
・フィルムに対して、適するCB材を選定した。
・酸変性PPは、CB技術を適用しないと十分な強度で接合しないことが確認された。
・銅箔のみにCB剤を塗工した場合、酸変性PPでは引き剥がし強度が11倍に向上し、CB技術の効果が確認された。
・銅箔と酸変性PPの両面にCB剤を塗工すると、更に引き剥がし強度が向上した。

 


貴社の基材をお預かりし、最適な処理条件を設計してサンプル(テストピース)を制作させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問合せ