黒色化成処理ATMag-Black

自動車のHUD(ヘッドアップディスプレイ)などで内部の迷光反射を抑制するためには黒色の塗装を施すなどの対策が必要となります。
ATMag-Black(エイ・ティ・マグ-ブラック)は下地処理(表面処理)だけでムラの少ない黒色に仕上げることができるマグネシウム用機能性化成処理です。
すなわち、従来必要とされていた下地処理+塗装(黒色化)の2工程のうち、塗装工程を省くことが可能となります。
 HUDなど光学系製品で使用されるマグネシウム合金を塗装レスで黒色化!
化成処理(ATMag-Black)だけで黒色化した製品事例

特徴:「ムラの少ない黒」

新技術研究所では、マグネシウム成形品のノンクロム化成処理を発展させ、有害な6価クロムやフッ素化合物を使用せずに、AZ、AM材(ダイカスト製品、鍛造製品)に対し防錆性能を維持しつつ、一般的に難しいとされる”できるだけムラの少ない黒色の被膜”を形成する化成処理技術を開発いたしました。

写真では黒の色調がお分かりにくいかと存じますが、イメージとして上の4つの四角のうち、右の2つあたりの濃さに処理できております。
(実際の色調をご確認いただくために、部材をお預かりしてサンプルを作成させて頂きます。)

技術的な特徴

抵抗値、耐食性、並びに塗膜密着性のバランスを勘案し、工程設計を行いました。
・色調は均一な濃褐色〜黒色(色調の均一性は基材の表面状態に影響されます)
・六価クロムやフッ素化合物を使用せず
・抵抗値はやや高く、塗膜密着性は良好(抵抗値は黒の色調によって変わります)
・24時間温水噴霧および60℃温水浸漬、碁盤目等による一連の耐蝕試験とも良好
・放熱性向上に寄与します。

■ANC処理(当社一般品) 比

■ATMagブラック(黒色化成処理)


 一般的なチッピング(塗装剥離)イメージ

 

一般的な下地処理の色調では、塗装が剥離した際に下地が目立ってしまいます。

また用途によっては、塗装をしないことでチッピング自体をなくす事が可能となります。

まずはお問い合わせください!

適用基本条件:
・当社は化成処理までの実施。表面塗装は貴社で実施下さい。(ただし当社での塗装も可能:費用等応相談)
・量産前提でご検討中の製品であること。(基礎研究等の場合は応相談)
・化成処理可能な状態の製品お預かり後、5営業日での発送。

 

●お問い合わせは下記のメールフォームをご利用ください。(お急ぎの方は営業時間内にお電話にて承ります)
またオンラインでのお打ち合わせも随時承っております。