放熱性の向上

マグネシウムの熱伝導度は154W/mKと良好であり、機器内部の熱を効率的に発散することができます。従来からPCのヒートシンクや筺体などにも使われることがありましたが、近年では軽量化の狙いとともに、車載用メーターパネルのバックパネルやLEDヘッドランプの放熱用途などでの採用が進んでいます。

弊社の化成処理皮膜は放熱性向上に寄与します。ANC-BLACK処理を加えると黒色され、さらに高い放熱性が期待できます。

新技術研究所は国内有数の処理能力を誇るマグネシウム化成処理設備を有しており、従来より車載用の重要保安部品の生産を行っておりますので、放熱用途に限らずマグネシウムの化成処理について当社までお気軽にお問い合わせください。

 

 

以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ