CB処理:アルミハニカム+プリプレグの接合

アルミハニカム+プリプレグの接合

ハニカム状のアルミは、軽量化が求められる様々な部位に活用されています。
アルミ側にCB処理を行いプリプレグと接合させた接合強度データを下表に示します。

なお一般的な接合方法として接着剤を使用する場合は、接合力を高めるために下地
処理にクロメートを使用する必要がありますが、CB処理では化学的に接合するため
にクロメート処理を必要としません。

下表のように、硫酸クロム酸エッチング+プリプレグと遜色のない接合強度が得られています。


接着条件:120℃×60分×0.29MPa

パネル構成:表面板アルミ5052 0.5㎜厚 コア面にCB処理
コア AL 1/4-5052-0004N CB処理

試験面: プレス接着時の下面

テストピースイメージ


貴社の基材をお預かりし、最適な処理条件を設計してサンプル(テストピース)を制作させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

CB処理:トップページ

お問い合わせ

お問合せ