CB処理:アルミ箔とポリイミドフィルムの接合

アルミ箔とポリイミドフィルムの接合

ポリイミドフィルムのみにCB薬剤を塗工してアルミ箔とを接合する基礎条件の検討を行った。

1.試験材料

  アルミ箔: 東洋アルミ製A8021、厚さ 35μm
  ポリイミドフィルム: 宇部興産製ユーピレックス25s、厚さ25μm

2.試験条件

 (1)CB技術による処理、塗工
  試験片寸法: 100×45mm

  注)ポリイミドフィルムのCB塗工は、使用した薬剤の構成が異なる。


 (2)真空ヒートプレス
  3セットの試験片を、SUS板、クッション材の構成で試験片を挟み、
  下記の図の温度、圧力で真空ヒートプレスした。

3.試験結果

 (1)引き剥がし試験
 JIS C 6471 8.1項による180°引き剥がし試験(室温)

4.まとめ

  【条件1】

  【条件2】

・ ポリイミドフィルムにCB薬剤を塗工することにより、アルミニウム箔を接合できる。
・ アルミ箔については、アルミ箔上に結合性の官能基を形成する薬液処理が有効である。
・ アルミ箔側にもCB薬剤を塗工することにより、更に強度を向上できる。

本稿をPDF化しております。プリントアウトなどにお役立てください。

CB Aluminum foil and Polyimide film.pdf


貴社の基材をお預かりし、最適な処理条件を設計してサンプル(テストピース)を制作させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。


CB処理:お問い合わせ
CB処理:トップページ

お問い合わせ

お問合せ