CB処理:PVDF/カーボン材と黄銅および銅メッキ鋼板材との接合

PVDF/カーボン材と黄銅および銅メッキ鋼板材との接合

カーボン添加PVDF系押し出しシートと、黄銅および銅メッキ鋼板材をCB処理で溶着

1.試験片

PVDF系シート材:
黄銅板:
銅メッキ鋼板:

CB薬剤濃度の効果をみるため、濃度0の未処理から相対濃度比1~100までの濃度で処理

せん断引張り試験後の試験片の写真を、図1-1と図1-2に示した。


図1-1 せん断引張り試験後の試験片(黄銅)

図1-2 せん断引張り試験後の試験片(銅メッキ鋼板)

黄銅と銅メッキ鋼板のいずれにおいても、CB薬剤処理しない場合には押し出しシートの界面で剥離したが、CB薬剤処理した場合には、どの濃度においてもPVDF 系シート材が破断した。

2.結果

表1のせん断引張り強さを、図2のグラフにまとめた。

図2 CB薬剤濃度とせん断引張り強さ

黄銅と銅メッキ鋼板のいずれも、低濃度でせん断引張り強さが上昇し、CB薬剤の効果がみられるが、濃度比50において最も高い数値を示した。
銅メッキ鋼板の方が黄銅材よりもやや高い数値を示した。金属材料の表面状態が寄与していると考えられる。

3.まとめ

 (1) カーボン添加PVDF系は、CB技術を適用することにより、熱溶着して接合できる。
 (2) せん断引張り強さは、最大の平均値が3MPa前後であった。 PVDF系押し出しシートの曲げ強さに依存して、高い数値が得られなかったものと考えられる。
 (3) 黄銅と銅メッキ鋼板のいずれにおいても、CB薬剤の濃度比50において最大のせん断引張り強さを示した。


 貴社の基材をお預かりし、最適な処理条件を設計してサンプル(テストピース)を制作させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。


CB技術:トップページ

お問い合わせ

お問合せ